趣味

2011年7月25日 (月)

趣味的野外生活のススメ

え~久し振りにblog(つっても今週末の告知ですが)を書いたので調子に乗ってもう一つ。と思ったらいま、グラッときました!(AM3:50頃)宮城県沖が震源のようです。とりあえず津波の心配は無いようで、ほっ。でも、彼の地は気が気じゃないだろうに。

えと、気を取り直して・・・
きのうこんなものを買ってしまいました!

ユニフレーム インスタントスモーカー UNIFLAME INSTANT SMOKER ユニフレーム インスタントスモーカー UNIFLAME INSTANT SMOKER

販売元:アイエスマート楽天市場店
楽天市場で詳細を確認する

十数年前、野宿で川旅をするために少しずつ揃えたアウトドアグッズですが、ここへ来て再燃!酒のツマミを作ってしまおう!
ということで、今週にはまずウズラの卵・カマボコ・ソーセージ等々の簡単そうなものに着手の予定。その後魚介、肉へとステップアップ。8月にはキャンプの予定もあるので、それまでにはいくつかの鉄板ネタを!

ということで久々のフツーblogでございました。あー、なんか腹減ってきた・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 6日 (木)

日常の合間に

最近ちょっと土いじりな日々です。

100506_hibiscus ハイビスカスとか







100506_paseri パセリとか







100506_toumyou 土はないけど豆苗とか







猫の額ほどの庭にもなにか植えようかと。

収穫出来ればまたご報告をば。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年9月 5日 (金)

その当時のカセットテープがワンサカある

きょうは下北、モナレコードでのライブ。
下北に着いてまずは腹ごしらえ。定食屋で鯖味噌定食のあと、ご存知(?)MASAKOでコーヒー飲みながら「マスターキートン」。1巻読み終えたところでタイムアップ・・・

・・・初めて潜入しました、モナレコード。キッチンのあるレコード屋です(CDメインですけど)。
リハから本番直前までいろいろトラブリましたが、肝心の本番はなかなかグッド!(誰か録音してないかなぁ)
お客様も立錐の余地なしといった具合で更にグッド。

で、演奏終了後は有志による呑み。近所の焼き鳥屋でなかなかよい感じでした。

翌日は個人的に早起き(8時起き・・・スビバセン)なので早々に帰還。帰ってから最近買った本を少し読んでいたら、あっという間に4時過ぎ。なので無理矢理就寝。

本はこれ。

人生、成り行き―談志一代記 Book 人生、成り行き―談志一代記

著者:立川 談志,吉川 潮
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する


初めて聴いたのは小学校低学年のとき。「大工調べ」と「芝浜」(!)でしたね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 7日 (土)

邂逅というのかな

有楽町での仕事が早めに終わり、天気も良かったのでちょっと歩いて帰ることに(趣味です)。

ぶらぶらと上野不忍池まで来たあたりで喉が渇いたので、それではお茶でも飲もうと谷中方面へ。たまに立ち寄る「谷中ボッサ」は、この界隈での休憩処。お茶も食べ物も絶品&逸品です。何かのついでがあればぜひお立ち寄りを(ついでがなくてもね)。

で、店の前まで行くと扉が中途半端に半開き・・・あれ、休みかな?と思いきや、きょうはライブがあるみたいです。へぇー誰だろうとカンバンを見ると!知った人でした。こんなこともあるのだなぁと入店し、それではと「エビス黒生」を注文(理由になってませんが)。久し振りの旧交を温めつつ、かつ、心地よい音と店を抜ける風に撫でられながらのひととき。上出来ですね。

その後店を出、更に千住まで歩いたところで腹が減り蕎麦屋へ。そこそこ飲み食いしてあとは電車で帰宅と。

うん、なかなかな一日だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月11日 (日)

ムズカシイネ

笑う超人を観返してみた。

人間の<可愛いところ、禍々しいところ、哀しいところ、滑稽なところ>様々な側面を噺に放り込んでいる立川談志の落語。諦めではない(と思う)「所詮人間はこんなもの」という一貫した見立て。師匠云うところの「業の肯定」。河原乞食たる芸人の存在意義を意識した振る舞い。
枠を押し広げる、取っ払う、打ち壊す。穏やかな水面にドボンとイシを投げ入れることを許された生業(芸人=河原乞食)。

「性分だからやってきた。でも、もう疲れたよ。」
と呟く師匠の深淵はそのまま芸の深さなのだろうか。

爆笑問題・太田の企画・編集。
「立川談志はこんなにスゴイんだ!とにかく観てくれ!」と言わんばかりの手の入れよう、気の使いよう。この作品は今までの談志ファンだけに向けられたものではないように思える。かと言って「販路拡大・新規開拓」というような通り一遍のことでもなく・・・

談志の「切実」が同時代を生きている人たちにどれだけ響くのか。そのことが太田の「切実」の一問題であることをも、この作品に引っ掛かる全ての人に問うているような気がする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 5日 (月)

わたしのお気に入り~根津の師匠~

ジャズと落語って似てると言われてるじゃないですか、巷で。あれってスタンダード曲を噺になぞらえて、決まったもの(曲・噺)が演者によって色々様変わりするところが面白いってことを言わんとしてるんでしょうね。あと、声音が楽器の音色だったり、新たな解釈で挑んでみたりと、なるほど共通点は多いようです。
じゃあジャズとクラシックはどうかといま急に思ったんですけど・・・基本的にはジャズもクラシックもあまり変らないようには思います。が、如何せんオケは人数が多いので舵取りが大変、小回りが利かない。なので演者がリアルタイムで反応するには制限が多いような・・・。ま、あの人数ですからダイナミクスは比べるまでもありませんけど。
というか、比べることに意味は・・・ない。

何でこんな事を書いてるかというと、落語のDVDを紹介してお茶を濁そうとしてのことでした。ではマクラはこのへんで・・・


立川談志 ひとり会 落語ライブ '92~'93 DVD-BOX  第一期 DVD 立川談志 ひとり会 落語ライブ '92~'93 DVD-BOX  第一期

販売元:竹書房
発売日:2007/06/22
Amazon.co.jpで詳細を確認する



立川談志 ひとり会 第二期  落語ライブ'94~'95 DVD-BOX DVD 立川談志 ひとり会 第二期  落語ライブ'94~'95 DVD-BOX

販売元:竹書房
発売日:2007/12/21
Amazon.co.jpで詳細を確認する

これは家元(談志師匠のことですね)の脂の乗り切っている、旬の秋刀魚のような時代のもの。この時代を好む人が一番多いのではないかと。シリーズはまだまだ続く模様。


DVD 立川談志 古典落語特選 DVD-BOX

販売元:ポニーキャニオン
発売日:2003/07/16
Amazon.co.jpで詳細を確認する

これは比較的最近のもの。といっても5~6年前くらいのものか。私が聴きに行った「芝浜」が偶然収録されていました。手前味噌ですが、あのときの芝浜はすごかった。いやホントに。


笑う超人 立川談志×太田光 DVD 笑う超人 立川談志×太田光

販売元:Victor Entertainment,Inc.(V)(D)
発売日:2007/10/24
Amazon.co.jpで詳細を確認する


出ました、問題作。太田光の家元への愛情が伝わります。それを「おまえの好きにやってみろ」とばかりの師匠。スタジオでの収録、しかも観客なし。受身ではそれ程面白くない作品かも。
 

  * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

 
家元くらい常に落語のことを考えてる人はいないんじゃないでしょうか。それこそ同じ噺でも時代で演出・解釈が大きく違うものも珍しくない。著作の多さもそれを物語っています。

立川談志、「芸人斯くあるべし」を実践している稀有な人物。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月29日 (月)

脱力でいこう

以前みうらじゅん氏のときにもご紹介したTBSラジオ「コラムの花道」。

きょうは「酒とつまみ」というユルイ酒呑み雑誌の発行人・大竹聡氏のをリンク。

できれば夜、一杯やりながらどうぞ。

2006/5/4分

2006/9/8分

2007/2/1分

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月 1日 (月)

雑煮はまだ食べていません

昼過ぎに起きてまずはギター弾いたりCD聴いたり買出しに行ったり。その後、きのう食べそびれた蕎麦を作って食べました。う~ん、これこれ。
070101_kokontei 夜はお屠蘇にと日本酒を1合だけ買って呑みました。久し振りに飲む日本酒は効きますねぇ。
この猪口はお気に入りなんですが、誰だかご存知?

というわけで、今年もよろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月19日 (火)

高知川旅三昧の軌跡(なぁ~んてね)

Shima106 やっと追加し終わりました、四万十川行のページ。かなりの枚数ですがこれでもかなり削ったんです。ぼちぼちお楽しみ頂ければ幸いです。

時代的にはこちらのほうが先、熊野川はその2年後なんです。次回のたびは・・・未だ決まらず。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月14日 (木)

とりあえずベータ版ってことで

ようやっとHPに新しいページをアップしました。四万十川行のものです。まだ少ししかリンクが張り切れていないので大きな写真で見られるのはごく僅か。日々少しずつ作業していきますのでボチボチお楽しみいただけるとありがたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧