« 2011年3月19日号外。<ありがたいことに別に号外でなくてもいい号外。民主党の中の話など> | トップページ | 郡山在住の友人から »

2011年3月20日 (日)

2011年3月20日号。<「日本の救世主になって下さい」という妻の言葉を抱いて消防の勇士は突っ込んでいった>

<これは勝谷誠彦が個人で配信している有料配信メールです。非常時とあって配信元の許可を得て転送します。あくまでも個人が得ている情報からの推察ですの で、内容についてはそれぞれがきちんと吟味して判断してください、という勝谷のメッセージを添えます。なお配信元その他の情報は下記の通り。
 勝谷誠彦HP:http://katsuyamasahiko.jp/
 問合せ:info@katsuyamasahiko.jp
 情報提供・感想:stealth@katsuyamasahiko.jp
 発行:株式会社 世論社>  

 

(2011/03/20 8:41), 勝谷誠彦の××な日々。 wrote:

 2011年3月20日号。<「日本の救世主になって下さい」という妻の言葉を抱いて消防の勇士は突っ込んでいった>。

 

 4時起床。
 福島原発に関してはなんとか危機を脱したと私は思う。昨日の深夜それを確信した段階で号外を出そうかと思ったのだが、自分を押し止めた。すぐに私はそう いう勇み足をするので(苦笑)。しかし、夜明けまでウォッチを続けていた畏友・川西琢也金沢准教授から午前5時前に「なんとか乗り切ったか」というメール をもらい、全身から力が抜けた。
 もちろん高レベルの放射能は出続けているし、これからの課題は無数にある。しかしとにかく「チェルノブイリにはならない」あるいは「スリーマイル島の一歩手前でくい止めた」ように思われる。周辺地域の放射線量に関する川西君のブログ。
 http://takuyakawanishi.wordpress.com/%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B0/
 武田邦彦先生とは相反するところもあるようだが、これを機に、ぜひ事態が落ち着いたら専門家の間でぜひ、わあわあやっていただきたい。そのわあわあがこ れまでなかったのが問題なのだ。背後には東京電力という私企業があまりにカネやコネの力を持ちすぎていて、論議まで抑え込んでいたことがある。これ、医療 についても顕著ですよ。製薬会社のカネや厚労省のコネがどれだけ自由な論議を封じ込めているか。
 政財官学メディア。その中で政治の世界では私みたいな奴がわあわあ言っていて利権談合共産主義を暴露してきた。しかしご存じのようにメディアはまだ記者 クラブ(今回の地震報道の中で、海外でもこっぴどく嘲われている)がある。そして深刻なのが財と学の癒着であったことを、今回の福島原発の事故はあぶり出 した。御用学者は今後、吊るされなくてはらない。

 消防屋だった。最後に国を存亡の危機から救ったのは。もちろんそれを支えた自衛隊がいる。最初に無謀な特攻をさせられた警察がいる。海上から援護した海 上保安庁がいる。そして、これはあまり報じられていないが、日立や東芝といった企業からも多くの決死隊員たちが送られ「ここでは日立も東芝もない」と声を かけあってきた。
 傍目八目だから言えるのだが機動隊の放水車を突っ込ませたときには私は呆然とした。もっとも可能性が少ないものをなぜ最初に出すか。結果として水も届かずに撤退した。
 この日記をお読みのあなたや、あなたなら私が配管を引き込むという荒唐無稽な発想までして「継続的な放水」にこだわっていたことをご存じだと思う。いや、荒唐無稽ではないのだ。あまたの専門家から来るメールを統合するとそういうことになるのである。
 それが結果として高いタワーを持った放水車とそこへの海水の継続的な供給ということで実現した。昨夜遅い段階で、終わるはずの注水が「徹夜で行われる」 と聞いた時に「ああ、これは成功している」と私にはわかった。いくさは勝っている時には図に乗ればいいのである。現場の空気はおそらくそうではなかった か。そのことは前線の勇士たちを危機にさらし続けることにもなる。消防士たちはしかし、それをやってくれた。

 多くの人が泣いたと思う。
 <東京消防庁が会見、放水の現場語る >
 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4678665.html
 会見の全貌はやや状態が悪いが、こちらで観てもらえる。
 http://pirori2ch.com/archives/1496770.html
 文字でも見ておこう。
 <消防放水「命中を確信」/涙の隊長、家族に陳謝>
 http://www.asahi.com/special/10005/TKY201103190460.html
 <冨岡隊長は「大変だったことは」と問われると、「隊員です」と言って10秒ほど沈黙。涙を浮かべ、声を震わせながら、「隊員は非常に士気が高く、みん な一生懸命やってくれた。残された家族ですね。本当に申し訳ない。この場を借りておわびとお礼を申し上げたい」と言った。
 高山隊長は18日、職場から直接現地に向かった。妻に「安心して待っていて」とメールで伝えると、「信じて待っています」と返信があったという。
 佐藤総隊長も妻にメールで出動を伝えた。「日本の救世主になってください」が返事だった。>
 以前『国民の遺書』
 http://www.amazon.co.jp/dp/4819111078
 を紹介した時にも書いたような気がするが、普通の人が決死の時に発する言葉というものは私のような売文奴のそれよりもはるかに力を持つ。「日本の救世主 になって下さい」という言葉に私は涙する。とともに、そう言ってくれる伴侶を持っている佐藤総隊長は幸せでカッコいいなあ。最高のノロケ言葉だなあ。無事 に使命を果たして生還されたからこそ、こう言えるのだけど。
 私がポイントだといっていた外部電源の接続も成功した。5号機6号機では早くもその効果がではじめている。
 <5・6号機燃料プールで水温低下、新たに非常用発電機が復旧>
 http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=90920000&sid=aCglO83To67E
 <報道によると、共用で使用していた6号機の非常用発電機に加え、19日に新たに復旧した非常用発電機を使って、5号機の冷却ポンプを動かしたところ、 19日午前5時に68.8度だった水温は20日午前3時には43.1度に下がったとしている。さらに6号機の冷却ポンプも動き始め、19日午後11時に 67.5度だった水温が20日午前3時には52度に下がったという。>
 これはブルーム・バーグの報道だが、NHKの速報をそのまま流している。いかに世界中が注視していたかだ。私もこのニュースを見て思わず拍手をした。世界もまた同様だろう。
 先日、いま起きていることは数個のスリーマイル原発を抱えているのと同じだというようなことを書いたのを覚えておいでだろうか。その意味で深刻だと。い わば多臓器不全だったのである。それがひとつひとつ解決していくと、本当に危ないところに全力を傾注することができる。5号機6号機が安定したというのは そういう意味で大きい。
 日本国は世界をハラハラさせた。しかしここで無事に抑え込むと、逆にそれは日本人の底力を見せることにもなる。日本はアメリカでもソ連でもできなかった ことを(時代は進んではいるが)やってのけたということを証明するわけだ。そしてそのために突っ込んでいった義士たちがいるということを。
 実はまだ少しはらはらしながらこの楽観的な文章を書いている(苦笑)。しかし、もしこれで最悪の事態を回避できたならば、世界の人びとはあの日本人の姿 を再び思い起こすに違いない。「カミソリよりも鋭い刃物を腰に帯びており、誇りを傷つけられるとすぐに自ら腹を切る」日本人。そして「カミカゼ」を。その 二つによって日本は大和島根を守りぬいてきた。いままた、原子炉へと突っ込んでいった勇士たちの姿は、この国が「特別なもの」だと世界に知らしめるだろ う。
 そしてその中心には、あの見事としか言いようがないタイミングで国民に直接語りかけられた天皇陛下が実はおいでになることを、日本人だけは密かに知っている。

 眼下の進行中の危機が去りそうなのであれば、いやもちろん同時進行でそちらの決死の作業も続いているのだが、東北大震災の被災者の方々の将来をどうするかをますます真剣に考えなくてはいけない。
 私が提言してきた疎開が進んでいるのはいいことだと思う。しかし一方で仮設住宅に政府が力を入れていることがよくわからない。仮設は一戸に300万円か かる。そのお金があれば、2家族ないしは3家族を既存の宿泊施設や住宅で支えることができるだろう。仮設住宅に関して何か利権があるのではないかと疑いた くすらなる。
 街がなくなっているのである。そこに仮設住宅を作ってどうするのか。仮設の住環境の悪さをこれまでも大マスコミはお涙記事でさんざん商売にしてきたではないか。仮設はあくまでも仮設なのだ。「仮」の次をきちんと計算して作らなくてはいけない。
 もちろん仮設が機能する場所もあるでしょう。私はすべてを否定しているのではない。しかし、疎開がいいのか仮設がいいのかという論議はきちんとすべきだと思うのだ。
 全国の市町村が手を挙げてくれている。その中で東京都の取り組みが遅れているように思われてならない。もっとも近くて巨大な「バックヤード」は東京なのだ。
 私は東京は「中継点」でいいと思う。しかし「中継点」としてはあらゆる資質が備わっている。
 地方の方々はわからないでしょうが、東京こそ「シャッター通り」なんですよ。私が住んでいる麹町界隈など空室だらけだ。日本テレビが周囲の迷惑も省みずに汐留に逃げ出したからだけど。
 とはいえ日本の中枢のビルである。トイレはウォシュレットだし暖房も行き届いている。極寒の体育館にいるよりは同じ床で寝るにしてもここまで来てもらえ ないかと思う。ビルにしても一銭も入らない空室を抱えているよりはいくばくかの使用料が入ればいいでしょう。何よりも燃料を使わなくても歩いて買い物に行 ける。次の暫定的な定住地へ行くにも交通の便がいい。
 石原慎太郎都知事。選挙はもう勝ったも同然なのだからそんなものはなかったかのように、選挙戦もせずに、このことに奔走したらどうですか。そうすれば私たちは国士として生きてきたあなたの有終の美を見ることができる。ぜひ、考えて下さい。

 リビア情勢に関してアメリカは及び腰だと言われてきた。だから、あの国を侮辱したり追い込むと怖いんだってば(苦笑)。
 <リビア軍事施設に112発のミサイル攻撃/米国防総省>
 http://www.asahi.com/international/update/0320/TKY201103200059.html
 <米国防総省は19日、リビアのカダフィ政権の軍事施設約20カ所を巡航ミサイル「トマホーク」112発で攻撃したと発表した。国連安全保障理事会が決 めた飛行禁止空域の設定に向けて、カダフィ政権の防空網を破壊することが狙い。仏軍機に続く攻撃で、リビアに対する多国籍軍の軍事行動が本格化した。>
 無茶するなあ。確かに国連は軍事行動を認めたけど軍事施設によっては反政府勢力がおさえているかもしれないところもあるんだけど、それを精査するヒュー ミントがアメリカにあるとは思えない。「アメリカの子供たちを殺す価値があるのか」が彼らの行動基準であって、これから航空作戦を行ってそこでの戦死者が 出ないためにあらかじめそのリスクを回避しているのだと思う。
 日本国はこういう時にもきちんと声をあげなくてはいけない。国家がやられているから外交もできない国だと思われてはダメだ。傷つきながらもだからこそひ といちばい大きな声をあげなくては。だがそれはリビアが「戦後」どうなるかをちゃんと見極めてだ。私たちがいま「震災後」を見なくてはいけないのど同様 に。

-----------------------------------
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
(c)2011 勝谷誠彦、katsuyamasahiko.jp All Rights Reserved.
問合せ:info@katsuyamasahiko.jp
情報提供・感想:stealth@katsuyamasahiko.jp
購読解除:http://katsuyamasahiko.jp/dissolve.html
発行:株式会社 世論社

 

|

« 2011年3月19日号外。<ありがたいことに別に号外でなくてもいい号外。民主党の中の話など> | トップページ | 郡山在住の友人から »

「ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19768/39295982

この記事へのトラックバック一覧です: 2011年3月20日号。<「日本の救世主になって下さい」という妻の言葉を抱いて消防の勇士は突っ込んでいった>:

« 2011年3月19日号外。<ありがたいことに別に号外でなくてもいい号外。民主党の中の話など> | トップページ | 郡山在住の友人から »