« ナーンテネ | トップページ | 情報収集窓口としてネットは便利だなぁと »

2008年6月20日 (金)

ふと気になりまして、柄にもないことを

ここんとこあちこちで起きている嫌な事件ありますね。あの犯人たちが口をそろえて「有名になりたい、注目されたい」的なことを自供しているらしい。本当なんでしょうか。取調べが面倒でそう言うというのはないんでしょうか。もしくは自分でも訳がわからず、「有名になりたかったんじゃないのか」なんていわれて「そうかも」なんて答えてたりして。調書は警察が作り、発表は記者クラブを通して発表されます。だから諸メディアの情報源はほぼ同じ。よって流されるものも似たり寄ったり。見ているほうもなんとなく原因のようなものが判ると、なんとなく納得したような気になったり。

「犯人たちの気持ちなんか解るわけない」という人たちの彼岸に、少なからず「やらない・できない、けれども少し解るような気がする」というような人たちも いるのだとは思います。やってしまった人とやらないで済んだ人の違いが気になります。一方、遺族の方たちは、とてもじゃないが犯人を赦すことは出来ないと 思います。あたりまえです。たぶんボクもそう思うとおもうのです。でもそれと同時に、同じような犯罪に巻き込まれる人を金輪際出さないようにして欲しいと も思われているのではないでしょうか(今回偶然にも巻き込まれなかったぼくもそう思います)。であれば、調査・研究のために必要なら犯人たちを生かして利 用する手立てはないものか、などと考えたりもしますが当事者になっても同じことを言えるかどうかは判りません。迂闊に言えることではありません。ただぼく個人 は、「死刑制度は条件付き反対」の立場に現在はあります。

ん~、やっぱり柄じゃないです。話し半ばで終わります。

|

« ナーンテネ | トップページ | 情報収集窓口としてネットは便利だなぁと »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19768/21827530

この記事へのトラックバック一覧です: ふと気になりまして、柄にもないことを:

« ナーンテネ | トップページ | 情報収集窓口としてネットは便利だなぁと »