« そのままでいてけ | トップページ | 上を向いて歩こう »

2008年5月11日 (日)

ムズカシイネ

笑う超人を観返してみた。

人間の<可愛いところ、禍々しいところ、哀しいところ、滑稽なところ>様々な側面を噺に放り込んでいる立川談志の落語。諦めではない(と思う)「所詮人間はこんなもの」という一貫した見立て。師匠云うところの「業の肯定」。河原乞食たる芸人の存在意義を意識した振る舞い。
枠を押し広げる、取っ払う、打ち壊す。穏やかな水面にドボンとイシを投げ入れることを許された生業(芸人=河原乞食)。

「性分だからやってきた。でも、もう疲れたよ。」
と呟く師匠の深淵はそのまま芸の深さなのだろうか。

爆笑問題・太田の企画・編集。
「立川談志はこんなにスゴイんだ!とにかく観てくれ!」と言わんばかりの手の入れよう、気の使いよう。この作品は今までの談志ファンだけに向けられたものではないように思える。かと言って「販路拡大・新規開拓」というような通り一遍のことでもなく・・・

談志の「切実」が同時代を生きている人たちにどれだけ響くのか。そのことが太田の「切実」の一問題であることをも、この作品に引っ掛かる全ての人に問うているような気がする。

|

« そのままでいてけ | トップページ | 上を向いて歩こう »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19768/20903132

この記事へのトラックバック一覧です: ムズカシイネ:

« そのままでいてけ | トップページ | 上を向いて歩こう »