« カゼモツヨクナッテキタコトダシ | トップページ | カウント・ダウン? »

2008年3月 1日 (土)

見ると聴くとは大違い! とにかく情報量が桁違い!の巻

え~大変ご無沙汰しておりました。
2月半ばからポルトガルへ修行に出ておりました。
帰ってから溜まった雑事などを片付けつつ、本日からボチボチ再開と。

いろいろありましたが、ミュージシャンシップ溢れる音楽家たちの胸を借りまくる日々でした。詳細は直接お話致します。興味のある方はお声掛けくださいまし。

ってなわけで少しばかりの写真(しかも携帯カメラ)で失礼をば。

08021325_port1 これは宿の窓からの景色ですね
着いて早々に撮りました






08021325_port2 これは宿の看板(?)
ま、メモ代わり






08021325_port3 同じく、宿の窓からの反対側・・・
おノボリさんです



08021325_port4 宿の近所の教会の中
とても古い教会らしいです
荘厳さがイマイチ伝わらない写真ですみません


08021325_port5 その教会の中のパイプオルガン
とにかく巨大






08021325_port6 リスボン中心街にある
なんだかわからないけど
天空に突き出したエレヴェーター
(てっぺんは展望台らしい)




08021325_port7 一人でで適当にぶらついて辿り着いたところ
この直前近くの公園で浮浪者の遺体を
二つ運び出す現場に遭遇
真昼間だというのに・・・凍死?餓死?それとも・・・?

08021325_port8 それでも天気は良く
街は止まることなく
新陳代謝を続けます


08021325_port9 引き続きぶらついていたらこんな所に出ました
坂道専用ケーブルカー
歩けない坂ではないので
えっちらおっちら下ります




08021325_port10 下ってゆく電車を見送って
さらにテクテク




08021325_port11_2これは登り電車
基本単線です






08021325_port12 教会(4枚目の写真)の中から
外を望む






08021325_port13 同教会の左側のパイプオルガン
対で演奏するのだろうか・・・
聴いてみたい





08021325_port14 丘の上にある宿から
川沿いの道へ下ったところを振り返って

とにかく街中石畳





08021325_port15 リスボンから電車に乗りカスカイスという所へ

またまた一人でぶらついての一枚



08021325_port16 これが件の教会正面
とにかくでかい
1147年に建てられたそうな

1755年に大地震があったらしいが
この辺りは耐えぬき
古い町並みが残っている(らしい)


08021325_port18 これは・・・
どこだ?






08021325_port19 展望台(6枚目)から

とにかく起伏が・・・
でも爺さん婆さんは杖突いて歩いてます


08021325_port20 右上に見えるのが
例の教会
こうしてみるとそのデカさを
再確認

08021325_port21 民家の屋根に
おっかなびっくり現れた二匹の仔猫
落ちないのだろうか?
だろうね


ということで、報告終了!

|

« カゼモツヨクナッテキタコトダシ | トップページ | カウント・ダウン? »

「写真」カテゴリの記事

「旅行・地域」カテゴリの記事

「音楽」カテゴリの記事

コメント

黄砂と共に帰ってまいりました。
いろいろ盛り沢山でした。
乞うご期待!

投稿: かわら | 2008年3月 5日 (水) 02時37分

おかえりなさい。

みやげ話を聴くのがとてもたのしみ。

投稿: AZM | 2008年3月 4日 (火) 06時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19768/10863029

この記事へのトラックバック一覧です: 見ると聴くとは大違い! とにかく情報量が桁違い!の巻:

« カゼモツヨクナッテキタコトダシ | トップページ | カウント・ダウン? »