« ノンアルコール午前6時 | トップページ | イヤハヤマッタクタイダダタイダダ »

2007年12月31日 (月)

河原乞食考

大晦日、久々の父を連れての食事会。
歳を取ると身体が思うように動かなくなるんだなぁと再々認識。そういう人間と街をうろつくと気付かされる事がテンコ盛りです。

郵便配達のバイト君が携帯見ながらチンタラ自転車漕いでいました。時給だから?前見てないと轢かれちゃうよぉ。

今春から老人医療制度が変わります。どれだけの人がご存知なのでしょう?

子供が荒むのは大人のせいだと思います。

保身に汲々とするのは往生際が悪く、みっともなく思います。

なるべく言い訳しないでいきたいです。

責任って、覚悟ってなんでしょう?

「言うものは水に映し、聞くものは石に刻む」まさにその通りだと思います。だからこそ言葉に囚われてしまうのでしょうか?

まだまだいろいろありますが・・・

「何が起きているのか」を知らずには居られません。
大体、関係ないことなんて一つもないとも思っています。
知った上で何ができるのか、できないのか。

シニカルにやり過すより、アイロニカルに抱えていこうと思います。

そんなこんなの渡邉です。
来年もよろしくお願い致します。

|

« ノンアルコール午前6時 | トップページ | イヤハヤマッタクタイダダタイダダ »

「独り言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19768/9661650

この記事へのトラックバック一覧です: 河原乞食考:

« ノンアルコール午前6時 | トップページ | イヤハヤマッタクタイダダタイダダ »