« うー、とにかく鬱陶しい | トップページ | こちらはほぼ日刊(力技な日も多いけど) »

2007年11月17日 (土)

なんか音楽ってすごい

ここんとこ続いていた例の痒み、原因が(たぶん)判明。

食べ物ばかりに気がいってましたが、振り返ると2~3日前からいつもないものが部屋にありました。それは・・・クリーニングに出していた衣類毛布など。
春先に出しっぱなしだったものを引き取り、とりあえず枕元に積んでおいてからのアレルギー反応。クリーニング屋を箪笥替わりにしていたのが良くなかったようです。
暖かいクリーニング屋店内に半年以上も放っておけば、特に毛布なんかはダニの住処に・・・。それをそのまま枕元に置く愚・・・。
とりあえず虫除けとともに袋詰めし隔離。折を見て虫干ししないと。
ま、飲食物アレルギーじゃなかったのは幸い。楽しみ減るもんなぁ。

そんなこんなのきょうは、有楽町仕事のあとベースの清水良憲の初リーダーセッションを観に入谷ナッテルハウスへ。ぼくのバンドもお願いしている清水くんの世界や如何にってことで興味津々。

なんですがその前に、開演までの3時間余をどう潰そうかと思案し、浅草界隈をブラつくことに。
久しくご無沙汰の、浅草にある無愛想(これが丁度良い加減なのだがなぁ)な蕎麦屋へ行き大もりを喰い、あちこちぶらぶらとしてたらやっぱりこの辺も様変わりしていました。身近なところで言えば親戚のおばさんがいた料亭(かなり広めの敷地)がまさに取り壊しの真っ最中。新しい駅もできてなかなか難しいのでしょうか。伝法院通りも(途中まで)拡張されていて、雑多な感じが薄れていました。良く言えば小奇麗になったと言うんでしょうね。人出も多かったしなぁ。活気があるのは良いことですが、この街には大規模ゲーセンやファミレスは似合わない、そう無責任に思うわけでありますよ。

まぁそんな話はさておき、散々ぶらついて時計を見てみるとまだ1時間あります・・・んー、どうしたものか・・・・。
こういうときはしょうがない、適当なとこで呑んで潰そう。ってなわけで会場にほど近い蕎麦屋に。お酒1本と肴1品で何とか持たそうと品書きを見ると、てんぷら、カツ煮、などへヴィーなものばかり。唯一板わさが軽めのつまみなるも、お値段が折り合わず・・・(蒲鉾切っただけのものにあの値段は如何なものか)。まぁいいや、と突き出しのキャベツの塩もみをアテにちびり・・ちびり・・・。しかしどうやっても30分しか潰せず、しょうがないのでかけそばを・・・。
かけそばなんてン十年食べてなかったけど、でてきたこれがシンプルで以外に(失礼)というか非常に旨い!ちゃんと作ってるんでしょうね。おまけに閉店間際だったからか、棚から何かを取り出すと「ちょっと呑んでみて」と注いでくれました。早速頂くと

「!、なんですか、これは!スコッチですか?」

「娘に貰ったんだけど、いいちこのいいやつらしいんだ」

「すごいですねぇ」

「ね、ブランデーみたいでしょ。勿体ないから呑めないんだよね。だからたまにお客さんに呑んでもらってるの」

って、その方が勿体ないじゃない。

「別のもあるんだけど、仏様に供えてあるからきょうはそれだけ」

いやいやもう充分です。その後店主と世間話をしていたらあっという間に時間です。
その店主、風貌がちょっと前のジムホールそっくりなのがまたなんと言うか、真面目に仕事に勤しむ顔って感じでした。いつかまた寄せてもらいます。

で、ようやく本日のメイン、清水良憲session vol.1です。
会場は立錐の余地なしという感じで大盛況。ん~素晴らしい。知った顔もチラホラといたりして。

非常に作品性の高いライブだったように思います。さらに、それだけに終わるようなこともなく、自ら設けた枠を超えようと足掻く姿も素晴らしく次回が楽しみです。全編オリジナルで挑んだというのも凄いなぁ。また曲がオトナなの!機会があれば是非ご一聴を!

そんな清水・福島を擁するぼくのトリオは年内はありませんが、こちらもいまから楽しみです。

|

« うー、とにかく鬱陶しい | トップページ | こちらはほぼ日刊(力技な日も多いけど) »

「旅行・地域」カテゴリの記事

「長文」カテゴリの記事

「音楽」カテゴリの記事

「食べ物・料理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19768/8976138

この記事へのトラックバック一覧です: なんか音楽ってすごい:

« うー、とにかく鬱陶しい | トップページ | こちらはほぼ日刊(力技な日も多いけど) »