« シリーズ 秘密兵器 Vol.2 | トップページ | 神様をはしご »

2006年12月30日 (土)

指先の月を見る人

amazonで購入した来年届くはずのCDがどういう訳かきょう届きました。最近おなじみのBrandon Rossに鈴木大介の2ギター、ツトムタケイシのベースという編成。
武満徹と鈴木氏、Brandonとツトム氏の関係性は言わずもがなですが、鈴木氏とBrandon?でも武満作品!なので興味津々で注文しました。

1回聴いた印象では鈴木氏がかなり拡張している感じがしましたね(特に中盤以降)。武満作品に沈潜し通り抜け没頭していても開いている。いわゆるクラシックサイドの演奏家はしないようなこともやっています。クラシックのCDであるとかないとかどうでもいいことですが、演奏家の中には頑なな人も間々いるので再認識した次第であります。
もしかしてBrandonがなにかを引きずり出したか、元々そういう資質の人なのか、気になる一人になりました。

|

« シリーズ 秘密兵器 Vol.2 | トップページ | 神様をはしご »

「音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19768/4737692

この記事へのトラックバック一覧です: 指先の月を見る人:

« シリーズ 秘密兵器 Vol.2 | トップページ | 神様をはしご »