« それにしてもうまいシステムを作ったものです | トップページ | 少々早く演奏のお知らせなどを・・・ »

2006年11月16日 (木)

道具の大小っておもしろい

ひょんなことからリハーサルを某大学ジャズ研の部室にてやってきました(この大学の人にベースを頼んだので)。これが憧れのキャンパスかぁ・・・、って夜だったのであまり学生さんはうろついてませんでしたけど。部室にも学生の姿があまりなく期待はずれ。ただ一人いた人に楽器を問うと「french horn」。おおっ!これは珍しい!っということで後半はセッションと相成りました。
それにしても面白い楽器ですよねぇ。グルグル巻いてあるのを伸ばすと相当な長さになるとか。以前よく聴いたGil Evans OrchにもJohn Clarkというfrhの人がいましたが間近に本物を見たのは初めて。

そういえばsax群にもバリトンの下にバスサックスコントラバスサックスというのがありまして、コントラに到ってはあまりのデカサに脚立に乗って吹くとか吹かないとか。写真では見たことあるけど是非生で見たいものです。いったいどんな音がするんだろう?

|

« それにしてもうまいシステムを作ったものです | トップページ | 少々早く演奏のお知らせなどを・・・ »

「音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19768/4216367

この記事へのトラックバック一覧です: 道具の大小っておもしろい:

« それにしてもうまいシステムを作ったものです | トップページ | 少々早く演奏のお知らせなどを・・・ »