« 気分を変えて | トップページ | お楽しみはこれからだ »

2006年4月17日 (月)

真打ち昇進は・・・いつ?

え~落語好きでおなじみのわたなべですが、いまさっき「桂米朝最後の歌舞伎座公演」を見ていて、ふと何で好きなんだろうと思ってしまい考えてみました。

たぶんドップリ浸かっていながら自由な感じの人が好きなんでしょうね。だから落語であればなんでも良いというわけじゃない。もしくは不自由を自覚していると思われる人。まぁ同じだ。志ん生、志ん朝、円生、先代文楽、先代金馬、可楽、柳好、談志、志の輔、談春・・・で米朝師匠、軽やかさと重厚さを兼ね備えていて素晴らしい。

フィールドを変えてもこういったものが好きなので、だからぼくの方向はすこぶる狭い、たぶん。でも音楽に置き換えても憧れます、こういうの。まぁもう少しのた打ち回らないといけないかも。

着物着て「イョ!」って言ってればいいわけじゃない。

お後がよろしいようで

|

« 気分を変えて | トップページ | お楽しみはこれからだ »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「趣味」カテゴリの記事

「音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19768/1434171

この記事へのトラックバック一覧です: 真打ち昇進は・・・いつ?:

« 気分を変えて | トップページ | お楽しみはこれからだ »